後は這いあがるだけって本当?

こんにちは、心理カウンセラーしらいです。体調大丈夫ですか?

ここ数日寒くなったり夏日を感じたり…気温変化激しかったので

個人的には結構カラダ、堪えております。

そして、世間は大型連休入りました。

 

話変わります、よく

「人生どん底と思ったら、その後は這いあがっていくだけだ」って

聞いたことありませんか?

 

ガムシャラに働き

でも結果出せず

上司から、上から目線で叱責される。

 

 

頑張って頑張って、燃え尽き症?って思うくらい辛くて

思い切って友人に相談...

相談乗ってくれた友人から

 

「落ち込むとこまで落ち込んだら、あとは上がっていくだけだよ、大丈夫」

 

 

相談乗ってくれた友人には

申し訳ない気持ちで

「わかった!楽になったよ、応援してくれてありがとう」

 

しかしながら、こころの中では、

「んなわけない。これから上がっていくなんて考えられない。苦しいんだ」

 

本心からこれから明るい未来なんて考えられないし、楽にもなってない。

 

 

例えば

「ピンチはチャンスだ」

「あと30分しかないじゃなく、あと30分もある。」

「コップの水は半分しかないではなく…半分もある。」

 

確かにそういうポジティブシンキングな考えもあります。

 

しかしながら、

そういうポジティブな言葉が

心の奥底から考えれないのです。

 

そう、性格によって

物事をポジティブに考えられる方と考えられない方がいます。

 

ポジティブに考えられないから、悩んでいる。

性格に合った助言でないと余計悩む。

 

そんな時、ご自身にあった心理士に悩みを話すことで

 

これからどうしていけば良いか

これからどう考えていけばよいか

苦しみから

好転するためのヒントも得られるかも知れません。

 

ぼくでよければ、今悩んでいること。いままでのいきさつも

いまのこともお話し聴きたいです。

 

しらい。

p.s.

もし話したい、って思ってくれたらお問い合わせフォームよりご連絡

頂けたら、と思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ