言ったこと、言われたことを気にしすぎてしまう。

他人から言われたこと、また自分が言ったことが、気になって
「私の言い方が気に障ったのでは?」

「私の言い方が悪かったのかも?」

話し相手の態度が、変わった原因が自身とは全く
無関係でも、自分自身を悪いと責めてしまう。

だれかと話しても、
何か言葉の裏を読んでしまう。

例えば、

「大変じゃない?手伝うよ」って言われたら
素直に「ありがとう」ではなく

 

「なにか下心あるんじゃないか?」
考えて、考え過ぎてこころが、疲れてしまう。

 

言ったことも言われたこともスグ忘れたらいいのに…
それができない。

そんな敏感なタイプのかたは
いつもストレスでいっぱい。

友人や同僚から

「気にしすぎ」

「勘繰りすぎ」

って言われるけど…それが治ればどんなにラクか。
余計に悩む。

生まれつき性格か、そういう星のもとで生まれたのか。

いや、実は違うところに原因があるかも、知れない。

不安から抜け出せない性格…

 

その原因は…

 

ビタミンB6.

亜鉛、

ナイアシン

が欠乏かも
知れないです。

これらが欠乏してるかは血液検査でわかると思います。

アダルトチルドレンやトラウマ除去に目を向けがちですが

先ず

外因性精神障がい

内因性精神障がい

心因性精神障がい⇦心理カウンセリング対象

 

の順序で疑うことが大事ではないでしょうか?

栄養を補うことで神経質なところや、敏感な性格を改善できるかも

知れません。

敏感な性格でお悩みの方。
今一度、

ビタミンB6.
亜鉛、
ナイアシン 欠乏していないか、確認してみることをお勧めしたいです。

 

心理カウンセリング・人生相談の申し込みはコチラ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ