傷つきやすい自分の性格。

んばんは、Blue Leafのしらいです。いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

今日もかなり暑かったですね。

 

 「ほんの些細なことを言われても傷つきやすい」

 「ネットでの書き込みに反論されて一喜一憂してしまう」

 

そんな悩みありませんか?

 
「バカじゃない?」

「そんなの違う!」

なんて言われると泣きたくなるくらい辛くなったり。

誰とも話したくなくなったり。

そんなことになる理由で

 

 「ココロが優しい」

 「ココロが弱い」

と言われがちですが

 

そうではないとボクは思うんです。

 

たしかに一般的(友人や周囲のかたから)には「気が優しいから」で

片付けられやすいです。

 

が優しいから」と助言されて、本当の意味で納得できるでしょうか???

 

助言に腑に落ちず

 「性格を治して打たれ強くなりたい」

そう思いませんでした?ボクはそう思ってました。

 

 

性格を治したい気持ちのなかでは

がどう思っているか」気になってばかりいたことに気がつきました。

 

 

そう、人からの評価で

自分自身を「良」「悪」と判断のクセが強く付いてたんです。

 

ボク自身、小学校6年のとき

担任の先生から「少しのことで涙ぐむところがある」

と通知表に書かれたことがあります。

 

父親に自分の意見を言うと

「ワガママだ!」「黙っていればいい」と殴られたり蹴られたり

 

「評価は自分がするものではない、他人がすることだ」と知人からの間違った一言

がボクの考え方を変えてしまった起因(←原因ではない)かも知れません^^;

性格は周囲の環境から影響もあります。

 

重要なことは

 

 なにも他人からの評価を気にすることはない。

 自分は自分なのだ。

 

人の評価ばかり気にしてたら

いつまでも堂々巡りなのですよね・・・

 

 

 

 

Blue Leafしらい

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ